Jan 20, 2008

バッキー再び

1月19日、GrapevineのGlass Cactus Nightclubにて、またもバッキーを見てきた。

「こんな短い間にまたバッキーが見られるとは思わなかったよ・・・」とつぶやいたら、師匠に「それは俺のセリフだよ!」と言われた。スミマセン、いつもつきあわせて。

8時に到着し、一杯飲みながら待っていると前座のバンドが登場。カバー中心、しかも節操のない選曲だった。このバンドが終わってからバッキーが出てくるまでの間、かかっている音楽にあわせてフロアで踊る人がたくさんいた。ゆっくりな曲ではチークダンス(って言っていいのか?)、早い曲では輪になってフォークダンスを踊っているのを2階から見るのはおもしろかった。

01190801_2
驚いたのは、ある曲(たぶんウィリー・ネルソン?)がかかると全員が歌いだし、その曲が途中で一時止められて、そこでみなさん大合唱、再び曲がかかるという場面。たぶんお約束なんでしょうが、テキサスっぽくて良かったです。

01190802
さて、10時過ぎにバッキー登場、曲は前回見たときと同じく"American Friday Night"から。2階からあわててフロアに降りていくと、意外と人が出ていなくて、ステージのかなり近くまで寄ることができた。バッキーの顔のかなり細部まで見ることができて、目が合いそうになるし話を振られてもおかしくない状況で、はずかしくなってちょっと後退。実際に師匠はバッキーと目があったらしく、「こんなに間近で見たのは、小学生のときの染之助・染太郎以来だ」と言っていた。私も何度かバッキーと目があったような気がしたけど、はずかしいのでギターの人を見ていたら、ギターの人とも目が合ってしまった。

01190803
バッキーのおしり。

01190804
右手には包帯が。朝食を作っていてやけどをしたらしい。

01190805

01190806

01190807

01190808
ロッキーも元気にパーカッションを叩いていた。今回は歌も長めだったような。

01190809
前回やったか記憶にないのだけど、バッキーはコオロギの鳴きまねができるのだ。そんな芸やジョーク(ほとんど私には理解不能)をまじえつつ、今回も楽しいステージだった。どうせならロッキーとふたりで漫才やればいいのに・・・。染之助・染太郎みたいに芸を極めるのもいいと思う。その場合はやっぱりロッキーが肉体労働担当だろうか。

01190810

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Dec 03, 2007

Bucky Covington

12010701
12月1日、バッキーを見るためにフォートワースのBilly Bob's Texasに行った。"Raising The Bar Tour"と名打ったこのツアー、テキサスからニューヨークまで、Jason Michael Carroll、Cole Deggs & The Lonesomeと一緒にまわるらしい。

チケットにはバッキーの名前しかなく、Billy Bob'sのサイトを見てもバッキーの写真が載っているので、当然バッキーがトリだと思うじゃないですか。10時スタートだから、最初のバンドが早くて10時半に出てくるとして、次のバンドが11時半とか?そうするとバッキーのステージが始まるのは早くても12時過ぎ?と思って、翌日早起きしなければならない我々は、途中で帰らなければならないだろう、でもいいの、バッキーを一目だけでも見られるのなら・・・という気持ちで会場に入った。

実際に最初のバンドが始まったのは、10時きっかり、30分で終わって次のセッティングが始まり、11時になんとバッキーが出てきた!バンド3つだと思っていたのは、勘違いだったのか?とにかくあわてて自分の席に着く。ステージ向かって右端のテーブル。まわりはほとんど女子。年配のご婦人も多い。

12010702
1曲目は"American Friday Night"で、バンド構成はバッキーの他にギターx2、ベース、キーボード、フィドル、ドラムで、ロッキーは元気にしておるじゃろうか、と思ったらドラムではなく、その横でパーカッションとコーラスをやっていた。

12010703
デビューアルバムからの曲を中心に、カバー曲("Drift Away"など)やクリスマスソングもまじえて、バッキーはのびのびと歌っていた。思っていたよりも、歌は上手かったし、がんばってた!MCでも客を楽しませようとする気持ちが伝わってきた。何を言っているか私には聞き取れなかった部分も多かったけど。オバさま方が、ステージのバッキーに手を振り、バッキーが振り返してくれると、「キャー、こっち見てくれたわよ!」と嬉しそうにしていたのが印象的だった。

12010704

12010705

12010706
ロッキーはメインのドラムをたたかせてもらえないのね・・・と思っていたら、最後に前に出てきて、バッキーと一緒に歌を。

12010707
バッキーのステージが終わったのが12時。これで終わりかと思ったら、やっぱりステージはもうひとつ残っていて、Jason Michael Carrollがトリだった。しかし明日は早いし、バッキーを全部見られたので満足してここで会場を後にした。

しかしバッキーは良かった!エリオットも良かったけど、バッキーもがんばってますよ、奥さん!バッキーに関しては、声は良いけど歌唱力は弱い、それよりもあの風貌と人となりが魅力であって、ある意味、出来の悪い子ほどかわいいという感じで見守ってきた私だけど、バッキーもちゃんとこの世界でやっていけそうなことがわかってうれしかった。実はバッキーのCDの出来は意外と悪くない、むしろエリオットのCDよりも良いかもしれないと思っていた(ドートリーとかケリー・ピックラーについては好きではないし聴いていない)。バッキーのアルバムは、方向性がしっかり決まっていて、それはカントリーだからと言ってしまえばそうだけど、曲も多彩でメロディーが良いし、アレンジも変なところが無い。素直にバッキーの良いところが生かされている。その点、エリオットのアルバムには迷いのようなものが感じられるし、変なアレンジが耳につく部分がある。せっかくのエリオットの歌がもったいないと思ったのだ。だから次のアルバムがどうなるのか、きっとステージをたくさんこなした後にもっと良いものができるのではと期待している。

CDといえば、ついでにボーの新しいアルバムについて。19/Sony BMGの呪縛から逃れ、自分のレーベルから出したこのアルバム、「やっぱ俺はサザンロックやるぜ!」という意気込みが感じられて、少なくともデビューアルバムよりは断然良いです。

バッキーの話に戻ると、アメリカン・アイドルでも中途半端な位置だったし、正直、すぐに消えてしまうのかと思っていたのだ。でも、カントリー界では需要があるみたいだし、この道でしぶとく生き残ってほしいです。がんばれバッキー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 19, 2007

Elliott Yamin

10月はいろいろコンサートに行ったけど、私が一番楽しみにしていたのはやっぱりエリオット。

House of Bluesで、前座ありだから遅めに出かけようと思ったのだけど、ふと、もしかしてアメリカン・アイドルのコンサートに来るようなお子様も来るとしたら、ちゃんと時間通りに始まるかも、と不安になった。師匠に言ったら、「あの子たちはもうエリオットのことなんか忘れてるよ」と冷たい言葉。そんなことないよねー。でもNokia Theatreならともかく、House of Bluesはお子様にはちょっと来づらい場所ではあるな。フロアに立っても子供には見えないだろうし。

7時開場なので、8時に出発。着いたらちょうど前座のJosh Hogeが終わったところだった。ちょうどよかった、と思いしばらく待って始まったのは前座その2のThe Last Goodnight。

10180701
前座ふたつだったか・・・(前回のDonnasのときと同じ失敗)。でもこのバンドはなかなか良かった。

客層は、意外に大人ばかり。年配の人も多い。子供はほとんどいない。始まりは、"Alright"。CDとは違って、ロックなアレンジになっていた。

10180702
我々の席は、バルコニー右側最前列(やっぱりずっと立って見るのはつらいのよ)。バンドはギター、ベース、ドラムにキーボードが2人。ギターの人が、テレビで見たときよりもやせたのか、髪も切っていい感じになっていた。

10180703
バッキングボーカルでシーズン5のセミファイナリストJose "Sway" Penalaが参加していて、なかなかのハーモニーを聴かせる。

10180704
アルバム"Elliott Yamin"からの曲がほとんどで、カバー曲を含めて全12曲。

10180705
最後は私の大好きな"Movin' On"で、よりファンキーにパワーアップしていて良かった!"Wait For You"みたいな静かな曲もいいけど、こういう曲をもっとやってほしい。

10180706
アンコールはエリオットとキーボードだけで、じっくり聴かせる"A Song For You"。やっぱり良いです、この曲は。


ネットの情報で、コンサート後にエリオットのファンサービスがあると聞いていたし、この日もMCで「終わったら外でみんなに会うよ」とエリオットが言っていたので、待つ。100人以上のファンが待っていたと思う。20分から30分ほど待っただろうか、セキュリティの人たちがたくさん出てきて、エリオット登場!

10180708
ひとりひとりにサインしたり、写真を一緒に撮ったり。私もTシャツにサインをもらいました。

10180709
写真も撮って、握手してハグしちゃったもんね~。すごく感じがよくて、ますますファンになりましたよ。

10180710
Tシャツの売り上げは、病気の子供たちへのチャリティーに使われるとか。さすがエリオットです。

10/18/07 House of Blues Dallas

Alright
Find A Way
Take My Breath Away
In Love With You Forever
I'm The Man
Free
Sharing The Night Together
Train Wreck
Little Ghetto Boy
Wait For You
One Word
Movin' On
(Encore)
A Song For You

| | Comments (20) | TrackBack (0)

Aug 06, 2007

オーディション前夜

日曜日の夜、師匠との会話。

師 「明日、職場に行くの3時頃になると思う」
私 「???」
師 「のどの調子が悪くて・・・」
私 「(!そういうことか!)朝、何時から?」
師 「10時頃には並ぼうと思うんだけど・・・ちなみに曲は、アリシア・キーズの"Fallin'"を歌おうと思う」
私 「それはまた、難しい曲を・・・」
師 「一発勝負だから・・・。あ、でもやっぱりクリスティーナ・アギレラの"Ain't No Other Man"にするかも・・・」

(全部ホラですので、信じないで下さいね)

ダラスからまた、ケリー・クラークソンのようなコンテスタントが出るといいけど・・・(あまり期待はしていない)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Apr 20, 2007

Bucky on Jimmy Kimmel

04190701
キャー、バッキー!

04190702
ちょっと待て。いや、ギターの人じゃなくて。

04190703
バッキー!

04190704
ロッキー?

04190705
ロッキー?!

04190706
ロッキー!!

04190707
ドラムはロッキーだっ!しかもこのTシャツ、見覚えがあるぞ。去年AIでバッキーが着てたような。ということは、おさがり?共有してると言ったほうがいいか。ふたりともお気に入りで、取り合いしてたりして。「兄ちゃん、今日は俺が着るって言ったべ?」、「いいや、今日は俺が着るだよ」とか(ちょっと訛らせてみました)。

04190708
証拠映像を探しました。去年の3月14日、Top 12、スティーヴィー・ワンダーの回でした。比べると、プリント部分の色が去年よりも薄くなっている。洗濯を繰り返して色あせしたのか。しかし、どうしてこんなどうでもいいことを憶えているのか、私は。

CDはまだ買ってません。たぶん買うとは思うけど。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Apr 05, 2007

Elliott on Jimmy Kimmel

040407e1
歌ったのは、"Movin' On"と"Wait for You"の2曲。

040407e2
CDも買って聴いてるんですが、やっぱり"Movin' On"は良い。売れてほしい。

040407e3
しかし私が最初にこの曲を聴いたのは、Ellenでのバンドでやったバージョンなので、CDが届いて最初に聴いたときは違和感がありました。CDのほうは、打ち込み、キーボード中心、ギター無しの洗練された(?)感じなのだけど、バンドでやるときはワウギターが目立って、ドラムの人も長髪振り乱し、エリオットの歌もよりファンキー、という演奏なのです。私の好みはバンドのほうだけど、欲を言えば、コーラス誰か歌えよ、あとギターの人はもうちょっとがんばりなさい、そしてツアーに出るんだ!というところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 28, 2007

Elliott on Ellen

エリオットが今日はEllenに出てました。

032707e1
エレンに、「今年のアイドル、見てる?」と聞かれて、全部は見れないけど、見てると言ってました。やっぱりラキーシャとメリンダが良くて、今年はFemale Yearだとも。同郷のクリス・リチャードソンのことも応援してるそうです。エレンが、ブレイクとクリスは良いと言うと、エリオットもブレイクのスタイルが好きだと言ってました。

032707e2
で、歌なんですが、今日うたったのは、"Movin' On"。

032707e3
私、初めて聞いたんですが、良いです!こういう曲調好きだわ~。下でコメントいただいたえまさんもCDすごく良いとおっしゃってるので、私も買おうっと。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Mar 22, 2007

Bucky on Regis & Kelly

0321bucky1
バッキーのCDは4月17日発売なのだけど、今週のRegis & KellyはAI特集みたいで、明日はシーズン2のJosh Gracinが来るとか(シーズン2見てないから知らない・・・)。

0321bucky2
きゃー!バッキー、久しぶり!曲は"A Different World"、やっぱりカントリーで行くのね。

0321bucky3
歌は・・・星2つかなぁ。自分の曲なんだから、もっとがんばらないと!

0321bucky4
バッキーったら、あいかわらず何しゃべってるのかわかんないわ・・・というのを期待してたのに、トークはほとんど無し!

0321bucky5
そのかわり、なぜか歌は昨日のエリオットよりもちょいと長めでした。

| | Comments (0)

Mar 21, 2007

Elliott on Regis & Kelly

先シーズンの3位、エリオット・ヤミンが、CD本日発売ということで歌いに来てました。

Elliott1
まぁまぁ、髪がもじゃもじゃになっちゃって!歯も完全にキレイになっちゃって!

Elliott2
この"Wait For You"という曲、酷似してる曲があるような気がするんだけど、思い出せない・・・。

Elliott3
しかし久々に聴くエリオット、いいですね。一瞬歌詞を忘れたというか、つまっちゃったけど。声がちょっと前よりつぶれている気がしたけど、気のせいか。CD買おうかなぁー?

Elliott4
ところで、どうしてRegisおじさんがいないんだろうー、と思って調べたら、心臓バイパス手術のために休んでいるとか。Howie(Deal or No Dealの司会者)が代打。ちょっとWikiを見たら、昔の髪がフサフサのHowieの写真が!今の頭しか知らなかったので、かなり不思議な感じです。

それよりも、本当に明日のゲストはバッキーなのか、そして彼がちゃんと歌えるのかドキドキです・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Mar 07, 2007

AIブログ始めました。

先シーズンは、ここでアメリカン・アイドルについて好き勝手書いていたのだけど、今年は別の場所でやってみようかと。だからと言って、すんごい気合入れてやるとかじゃなくて、ただなんとなく、分けてみようと思っただけなのです。とりあえず、先週、先々週と水曜日にコンサートに行って見るのが遅れたし。写真はその日にアップするのはちょっとつらいので、週末にでもぼちぼち上げていこうかと思っています。

http://kyokucho.cocolog-nifty.com/ai/

また先シーズンみたいにあれこれコメントくださるとうれしいです。
よろしくお願いします~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AI5 | AI6 | American Idol | 局長 | 映画 | 殿下 | 読書 | 音楽