« 毛布の季節 | Main | 41才の春だから »

Nov 27, 2011

ぬれぎぬ

Qb167972

先日、読んだ本にこんな一節がありました。

Qb057902

ウィンターは叫ぼうとしたが、かすれた音がかすかに漏れただけだった。まるで、とてつもなく巨大な猫が胸の上に乗っているかのようだ。

Qa247807

まるで、

Qb057927

とてつもなく巨大な猫が・・・

Qb057900

「ちょっと、アタシのことじゃないわよ!」

Qb057874

「傷ついた・・・」

Qb057879

「訴えてやる!」

Qa247764

局長の名誉のために、ちっちゃく見える写真をのせておこう。
(単に引きで撮っただけのような・・・)

いや、私が言いたかったのは、この著者、絶対猫飼ってるか飼ったことある人だな、ってことです。

寒くなって、局長も朝方になると寝ている私の上に乗ってきますが、ぜんぜん苦しくないですよ。ただちょっと腹筋と腰が痛いだけで・・・

Qb167957

これも読んだのですが、ボンドがiPhoneを駆使していろいろやるってのがどうも・・・。盗聴アプリとか使ってましたよ。

|

« 毛布の季節 | Main | 41才の春だから »

Comments

我が家の巨大な猫は胸の上にはのりませんが、
最近は寒いからぴたっと寄り添って寝てます。
重いので布団が動かせず、難儀です。

先日は師匠が実家の方に寄っていただいようで、
本当にありがとうございました!
来年こそはkmy様に会いに熊本に行きます!
新幹線も通ったしね!

Posted by: so_june | Dec 19, 2011 at 10:54 PM

so_june様、
長いことお返事できずすみません。
勤務地が変わったのですか?研究職に戻られたのでしょうか。
熊本、来てくださいね~
しかし新幹線は早いけど高い。あたりまえだけど、こないだ実家に帰るときに使ったら、金額に驚きました・・・

Posted by: kmy | Apr 30, 2012 at 02:46 PM

The comments to this entry are closed.

« 毛布の季節 | Main | 41才の春だから »