« April 2008 | Main | June 2008 »

May 31, 2008

アフタースクール

05300801
邦画を映画館で見るなんて、たぶん10年ぶりとかなんだけど、あまりにも雑誌で大泉さんの顔を見るし、評判も良いみたいなので、ま、見に行っときますか・・・くらいの気持ちで見たら、ホントにおもしろかった!今まで、「どうでしょう」以外の大泉さんには、あまり興味がないというか、出ているドラマやバラエティは、大丈夫かな?とドキドキして見ることが多かったのだけど、この映画の大泉さんはすごく良かったです!内容は、「甘く見てるとダマされちゃいますよ」ってことで、予備知識を入れずにとにかく見るべし!です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2008

窓際局長

05280801
出窓にいる、ぼへーっとした物体。

05280802
それは局長。

05280803
基本的にまったり。

05280804
ときどき鳥に反応。

05280805
ときどきのび~っ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2008

ヤクルト工場祭

05250801
ヤクルト工場祭に行ってきた。ヤクルト本社熊本工場の敷地内にステージが作られ屋台が並び、たくさんの人でにぎわっていた。

ステージでは、台湾の獅子舞の後、ローカルヒーローの急流戦隊JINクマレンジャーショーが始まった。私、ローカルヒーローってよく知らないんですが、各地にいろいろいて活動してるんですね。で、このクマレンジャーというのは、「日本三大急流くま川のエネルギーを集結し変身する5人の戦士が今ここに立ち上がった!」ということらしいです。

05250802
悪役のみなさん。右にいるのがオチャッカー帝国の帝王、オーチャック坊で、特産品を邪悪な生命体に変化させるらしい。左にいるのは、ワールゴーロ。もともと人吉にいたイノシシで、オーチャック坊により変化させられた。猟で家族を失ったので、人間を恨んでいるとか。中央にいるのはヨゴダァーユで、球磨川のアユだったそう。漫才ですか?というノリでゆるーく進行するステージ、おもしろかったです。レンジャーのみなさんは、写真に撮り忘れました・・・。

05250803
ヤクルト工場祭の一番人気は、もちろんヤクルトの試飲。

05250804
タンクローリーの後部から、直接カップに注いでくれるのだ。

05250805
けっこう、なみなみと。ヤクルト飲むの、久しぶりだ~。私は2杯いただきましたが、まわりには「オレ、8杯目」と言ってる人も。

屋台の焼きそば、揚げたこ、ソーセージなど食べておなかも満たされ、日に当たってちょっと疲れたので早々と帰った。この後には、もうひとつの熊本ローカルヒーロー、グランパワーヒノクニのショーも控えていたのだけど。

05250806
このタンクも、

05250807
こっちのも、中はヤクルトで満たされてるかと思うと(実際何が入ってるか知りませんが)、なんだか楽しい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 21, 2008

北島先生!

05200801
北島三郎のコンサートに行ってきた。

ずっと見たいと思っていたサブちゃんのコンサート、こんなに早く願いがかなうとは!ステージのサブちゃんはとても72歳(芸能47周年!)には見えない若さ、歌も高音はさすがにあまり伸びなくなっているようだったが、コントロールは完璧。ただ音響があまり良くなかったのが残念。歌の強弱が激しいので、そのバランスをとるのが難しいのかも。

歌は大ヒット曲をのぞいてはワンコーラスずつしか歌わず、トークの時間が長い。18歳で上京、デビューするまで8年間流しをやっていたこと、船村徹との出会い、奥さんとの出会い(アパートの大家さんの娘で、おはぎを持ってきてくれたときに一目惚れしたらしい)、家族のこと、「与作」のヒットにまつわる話(五木ひろしや千昌夫も歌っていたが、北島三郎は曲にアレンジを入れて盛り上がりをつけたのでヒットしたとか。五木ひろしと千昌夫のプチものまねも披露。似てる!)などなど、客席を沸かせる話が次々と。曲は「兄弟仁義」、「歩」、「函館の女」、「薩摩の女」、「加賀の女」など女(ひと)シリーズのメドレーもあり、中盤の盛り上がりは「北の漁場」!この曲、大好きなのです!一文字シリーズの「川」、「山」、「竹」など、その他にもヒット曲の数々がこれでもかというくらい満載で、20曲以上歌ったのではないだろうか。ちょっと期待していた「おじゃる丸」のテーマは無し。新曲を披露して、最後は「風雪ながれ旅」をじっくり聴かせた後、「まつり」で盛り上がって終了。

05200802_4
トークが半分くらい、弟子の歌を2曲はさんではいるが、ほとんど休憩なしで2時間20分(昼の部と合わせれば1日5時間!)のステージができる72歳なんて他にいないだろう。本人も「あと10年はやりたい」と言っていたが、ずっと元気でいてほしいと思った。また見に行きたい!

05200803_2
お約束のTシャツは、「俺の目を見ろ、何んにも言うな」という「兄弟仁義」の歌詞がバックに入ったものを買いました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 13, 2008

2008年4月の読書

図書館に通ってます。2/3は借りた本です。ビバ・図書館。

三浦しをん 「悶絶スパイラル」
よしながふみ 「大奥」 2、3巻
林真理子 「美女に幸あり」 
町田康 「テースト・オブ・苦虫 2」
辛酸なめ子 「おでかけセレビッチ」
 こういう本も、図書館に置いてあるのですね。
米原万里 「真夜中の太陽」 
野中柊 「チョップスティックス」 
梨木香歩 「水辺にて」 
よしながふみ 「きのう何食べた?」 1巻
 うちも食費を抑えてかつおいしいものを作らねば、と思った。思ったのだけど・・・。
伊坂幸太郎 「陽気なギャングが世界を回す」
 ちょっと軽すぎるような。伊坂幸太郎は読まず嫌いだったのだけど、本屋大賞の「ゴールデンスランバー」は読まねばと思っている。しかし図書館では当然予約が詰まっていて当分借りられそうに無い。
酒井順子 「その人、独身?」 
堂場瞬一 「雪虫」
 都合が良すぎる展開が何度も。
恩田陸 「小説以外」 
中島京子 「TOUR 1989」
嶽本野ばら 「下妻物語・完」
椎名誠 「どうせ今夜も波の上」
金井美恵子 「『競争相手は馬鹿ばかり』の世界へようこそ」
ナンシー関・大月隆寛 「地獄で仏」
大森望・豊崎由美 「文学賞メッタ斬り!」
吉村昭 「高熱隧道」 
吉田戦車 「吉田電車」
林真理子 「『綺麗な人』と言われるようになったのは四十歳を過ぎてからでした」
町田康 「東京飄然」
グレアム・スウィフト 「最後の注文」
奥田英朗 「港町食堂」
 あいかわらず「ワオ」って言ってるなぁ。
町田康 「テースト・オブ・苦虫 3」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 09, 2008

博多デート

お友達のcogicogiluckyさんが、ダラスから一時帰国中ということで、博多に会いに行ってきた。ちょうど私も博多に用事があったのだ。会うのは2ヶ月ぶりで、日本で会うのは初めて。話が弾みます!

05070801
お昼に連れて行ってもらったのは、元祖長浜屋。行列ができていたけど、回転は速くてすぐに店内へ。メニューはラーメン400円と替え玉100円、替え肉100円、あとはビールと焼酎で、食券を買ってから入るので、席に着くとすぐにラーメンが運ばれてくる。だから「かた」とか「やわ」とかスープの加減は店に入った瞬間に言わなければならないのだとか。ふむふむ。

05070802
意外と麺はかなり多め。でもまわりには替え玉をもらってる人がたくさんいた。cogicogiさんに、「紅しょうが、入れる?ごまは?タレもちょっと入れるといいよ」と教えてもらい、独特の雰囲気の中で食べた長浜ラーメン、おいしかったし面白かった。

05070803
天神に戻って、三越の中にあるキハチカフェでデザートを。やっぱり盛り合わせにひかれるのです。写真は2人分。

ジュンク堂で本にまみれ、時間を忘れてさまよった後は地下街のカフェでひとやすみ。cogicogiさんと「また会おうね~」と言ってお別れ。楽しかったー!

さて、夜にはまた違うデート相手がいるのです。それはアニキ(女性ですが)。東京で働いていたときに一緒だったのです。博多駅近くのホテルのお寿司屋さんに連れて行ってもらいました。お刺身から始まり何もかもおいしくて、写真を撮るのも忘れてひたすら食べ、飲んでいたのだけど、そろそろ握りも終盤、というときに出てきたこれだけは写真に収めるべき!ということでカメラを取り出しました。

05070804
かわいい~!と柄にも無い声を出す我々。

05070805
食べかけですが、もう一枚。しかし我々ふたり、ちょっと不思議な客だったのではないだろうか。そんなに金持ってそうには見えないのに、よく食べる。つまみをいろいろ要求して飲み続ける。私はアニキのことを「アニキ」と呼んでいるし、会話には「師匠が・・・」と出てくるし。何者?

日帰りでしたが、久しぶりに会ったふたりとの話も楽しく、おいしいものをたくさん食べて、かなり充実した一日でした。cogicogiさん、アニキ、ありがとうございました。今度は熊本にも遊びに来てくださいね~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 02, 2008

onちゃん?

地元放送局の前を通りがかったら、

05010801
あっ、onちゃん!北海道からわざわざ来たの?

05010802
・・・違った。「てれびたん」という、くまもと県民テレビのマスコットらしいけど・・・、うーん。

05010803
うちのonちゃん(タオルかけ)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »