« サンフランシスコにて | Main | 築地の朝 »

Mar 17, 2008

局長、ついに日本へ

03150803
SFOの国際線ターミナル。

SFOでのチェックインでは、局長の健康診断書や検疫の書類一式を見せるように言われ、ここではペット持ち込みは$84だった。

ゲートの通過は昨日の教訓を活かしてスムースにできた。離陸時も局長は昨日よりも落ち着いた様子。成田まで11時間、局長はずっとおとなしかったのだけど、最後の1時間になって我慢できなくなったようで、キャリーバッグの中を激しく行ったり来たり。時おり小さい声でニャーと鳴くのをなだめ、やっと成田に到着。最後に降りた我々の後から、客室乗務員の方たちも降りてこられ、我々の座席付近をサービスしてくれた方(ちょっと彦摩呂似)には、「とってもいい子でしたねー」と声をかけてもらった。

そしてついに検疫。書類に不備はないと何度も確認したものの、もし何か問題があれば局長はここに最大で180日間係留されると思うとやはり緊張する。局長は検疫カウンターでいったん我々と別れて、係員さんの手で少し離れた2階の検疫事務所へ。我々も書類のチェックを終えてから移動して局長に再会。ここで実際に局長のマイクロチップを読み取り、簡単な健康診断の後、輸入検疫証明書をもらって手続きは終了。無事に終わってホッとしたものの、まだ移動は続く。リムジンバスで東京駅まで、その後タクシーで東京の宿泊先に着いて局長を出してあげると、とりあえずはベッドの下へ。

局長はキャリーバッグの中で暴れたときに鼻の先をすりむいたらしく、少し血がにじんでいた。ベッドの下でしばらくじっとしていたが、出てきてごはんを食べ、水も飲んだし大丈夫そうで一安心。東京には1週間、その後はまた移動だけど、しばし休んで日本の空気に慣れてください。

|

« サンフランシスコにて | Main | 築地の朝 »

Comments

サンフランシスコからはスムーズだったようで、何よりです。
局長様は飛行機の中で落ち着いていたようですし、宿泊先ですぐにごはんを食べた所からも、大人の余裕を感じますね。
ところで、局長様のマイクロチップはhome againですか?うちの猫はこれです。
home againは日本の基準とは違うので、ちゃんと読み取ってもらえるか心配です。
ネット上では大丈夫とのことですが。。。。

Posted by: so_june | Apr 19, 2008 at 10:03 AM

so_juneさん、
局長のはAVIDです。成田空港のスキャナーでちゃんと読み取れました。home againも大丈夫だと思いますが、心配な気持ち、よくわかります。私たちも心配だったので、念のためにスキャナーを買って持参しました(使わなくて済みましたが)。
ご存知かもしれませんが、私たちが参考にした、掲示板をお知らせしておきます。
http://www.awanda.net/bbs/board.php
結局は自分で航空会社や検疫所に確認しなければなりませんが、準備段階の情報収集にはかなり役立ちました。

Posted by: kmy | Apr 21, 2008 at 03:38 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141183/40896124

Listed below are links to weblogs that reference 局長、ついに日本へ:

« サンフランシスコにて | Main | 築地の朝 »