« US Air Guitar Championship その1 | Main | 2007年5月の読書 »

Jun 26, 2007

US Air Guitar Championship その2

休憩の後、ラウンド1の結果発表。上位5人は、デンバーの兄弟ふたりと、マントの人、そして地元のJohnny von Fretmaster、そしてNastyがこの時点では1位だった。

ステージに上がった5人はそのままで、課題曲の発表。Skid Rowの"Youth Gone Wild"。みんなこの時だけは真剣な表情で聴き、イメージトレーニングしていた。

課題曲のパフォーマンスは、ラウンド1の5位、弟から。いきなりスピーカーの上に登り、客席にダイブも。もう少しで我々も犠牲になるところだった。Fretmasterはラウンド1は良かったのだが、課題曲は全然ダメだった。その点、双子は余裕を見せた。エアギター課題曲の傾向と対策とかあるんだろうなー。

マントの人はイマイチだったのだが、ジャッジに「お前の彼女がHotだったら、点を上げてやるかもしれない」と言われて、「彼女」としてステージに上がったのは、最初のデモ演でエアドラムを叩いたあんちゃん。男同士のチューを見せる。双子の兄は、弟がいろいろやってしまったので、かぶることはせず、しかし観客のひとりがビールを浴びせると次々に続き、びしょ濡れになり盛り上げた。そして期待のNastyは良かったが、若干弱いか。しかしなんとかダラス代表に決勝に行ってほしいところではある。

結果発表。5位から順に発表され、最後に残ったのは兄とNasty。そして兄が優勝。我々としては、弟のほうが良かったと思うのだが。しかしデンバーから来たやつにさらわれて、ダラスの民はがっかり。ダラスでやるのは今年が初めてだから、勝てると思ってデンバーからやってきたのだろうけど、なんとも悔しい。来年は雪辱だ!

勝者が決まったあとは、参加者全員と、観客有志がステージに上がり、"Free Bird"を演奏。エアドラムのあんちゃんはここでも目立っていた。素晴らしい。エアグルーピーのお姉ちゃんも大量にステージに上がり、もうそれはそれは、大量のバカ(師匠曰く、「crazyというより、stupid」)の洪水で笑いが止まらなかった。"Free Bird"は我々も好きな曲ではあるが、エアギターで聴くには長すぎる。しかし後半の盛り上がる部分は聴きたいので、最後まで付き合った。曲の前半でかなりの客は帰ってしまったのだが。

観客はもちろん、MCもジャッジも参加者もみんな飲み続けてのバカ騒ぎ。床はこぼれた酒でドロドロ、あちこちに割れたビール瓶の破片が散らばり、決して居心地の良い場所ではなかったが、非常に楽しかった!期待をはるかに上回るバカさ加減!「ニューヨークに決勝見に行く?」、「ていうか、フィンランドまで見に行く?」、「ていうか、来年に向けて練習する?(ウソです)」とアホなことを言いつつ帰路についたのだった。日本の大会も見たいなぁー、きっとレベル高いんだろうなぁー、などと思いを馳せつつ、今後の選手権の行方に注目したい。

|

« US Air Guitar Championship その1 | Main | 2007年5月の読書 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141183/15563488

Listed below are links to weblogs that reference US Air Guitar Championship その2:

« US Air Guitar Championship その1 | Main | 2007年5月の読書 »