« February 2007 | Main | April 2007 »

Mar 29, 2007

Results Show

03280701
ライアンが昨日のSanjayaの髪型で登場。

次にサイモンあたりがかぶってくれないかと思ったけど、無し。

03280703
Fordのコマーシャルは、西部劇。

03280702_1
Chris Rがフィーチャーされてたので、もしかして今週危ないのかも?と、ちょっとドキドキ

03280704
(こいつのこと、かなり好きになってきました)

03280705
ボトム3の発表、まずPhil、次にHaley、

03280706
もうひとりはGinaかChris Sか、

03280707
その前にグウェン姐さんの歌。

03280708
今週のボトム3。

03280709
結果。まずPhilがセーフ、次に呼ばれたHeleyがサヨウナラかと思ったら、意外にもChris Sが落選。

今日は今までと違い、ちゃんと最後の歌まで放送。やっぱり途中で切れちゃったけど、ないよりは全然いいわけで。

03280710
歌いながらみなさんとお別れのハグ。Philに「お前に$50貸してるよな?」と、最後までユーモアを忘れないChris Slighでした。

来週のSanjayaの髪型が楽しみです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Mar 28, 2007

Elliott on Ellen

エリオットが今日はEllenに出てました。

032707e1
エレンに、「今年のアイドル、見てる?」と聞かれて、全部は見れないけど、見てると言ってました。やっぱりラキーシャとメリンダが良くて、今年はFemale Yearだとも。同郷のクリス・リチャードソンのことも応援してるそうです。エレンが、ブレイクとクリスは良いと言うと、エリオットもブレイクのスタイルが好きだと言ってました。

032707e2
で、歌なんですが、今日うたったのは、"Movin' On"。

032707e3
私、初めて聞いたんですが、良いです!こういう曲調好きだわ~。下でコメントいただいたえまさんもCDすごく良いとおっしゃってるので、私も買おうっと。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Top10

今週はグウェン・ステファニがゲスト。No Doubtの曲、またはバンドに影響を与えた人の曲だそうです。

01 LaKisha
"Last Dance" (Donna Summer)

03270701
★★★ 
最初のゆっくりなところは良かったが、アップテンポになるとちょっと不安定だった。

02 Chris S
"Every Little Thing She Does is Magic" (Police)

03270702
★★ (師匠:★★★)
意外と難しい曲なのかも。

03 Gina
"I'll Stand By You" (Pretenders)

03270703
★★★ 
確かにこの人の今までの中では良かったけど、そんなにほめるほどではないかと。

04 Sanjaya
"Bathwater" (No Doubt)

03270704
★★★ (師匠:★★ 髪代コミで)
すごい頭!

03270705
そうやってしばるだけで、モヒカンになるのかー、いいね!師匠が、何週か前のストレートヘアより全然いいと言ってました。確かにアレは気持ち悪かった。歌は・・・今までの中では良いほうだと思う。歌詞忘れちゃったけど、サビのところはなかなか良かった。こうなったら来週もおもしろいヘアスタイルを見せてほしい。

05 Haley
"True Colors" (Cindi Lauper)

03270706
★★ (師匠:★★★)
今日はまた地味に戻っちゃった。歌も弱い。

06 Phil
"Every Breath You Take" (Police)

03270707
★★★ 
いつもシャウトしすぎと言われるから、今日は抑えているのがよくわかった。

07 Melinda
"Heaven Knows" (Donna Summer)

03270708
★★★ (師匠:★★★★ 表情点コミ)
グウェン姐さんは、歌唱指導のときすぐ目の前で歌っているメリンダを見て吹き出しちゃったりしなかっただろうか。

03270709
メリンダの顔と、グウェンの顔を交互に見ると、おもしろさが際立ちます。

03270710_1

03270711

03270712

03270713
歌はあいかわらずうまいです。しかし師匠が、「うまいけど、この人がアメリカン・アイドルになってもいいのだろうか・・・」と言っています。でも去年も散々、テイラーがアイドルでいいのか?と言い続けて本当になっちゃったしね。

08 Blake
"Love Song" (The Cure)

03270714
★★
ちょっとネットリしすぎなんだよなぁー。

09 Jordin
"Hey Baby" (No Doubt)

03270715
★★ (師匠:★★★)
なぜこの曲にしたのか。衣装もイタタタ・・・。しかしジャッジの評価は良かった。私には理解できませんでした。

10 Chris R
"Don't Speak" (No Doubt)

03270716
★★★ 
トリで大丈夫かー?と、心配になってしまった。この曲好きだったなぁ。ついこないだのような気がするけど、もう10年前だもんなぁー。後半は良かったです。

私の予想。ボトム3はChris S、Haley、JordinでHaleyが落ちる。Chris Rも危険だけど、先週ボトム2だったから、今週は票が集まることを期待。

そして師匠の大予想。今週LaKishaが落ちる!私が、「それは去年、マンディーサがバッキーより先に落ちたのと同じ?」と聞いたら、それは違うそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 26, 2007

リコール

私は普段からあまりニュースを見ないのですが、先々週末から先週にかけて、いつにも増して、ニュースに無関心だったようです。

先週なかばに同僚の方に、「kmyさんちの猫ちゃんは大丈夫ですか?」と聞かれて初めてペットフードのリコールについて知ったのです。

そこからは大慌てで、ネットでニュースを読みました。Menu Foods社で製造されたドッグフード、キャットフードを食べた犬・猫が腎不全で何匹も死に、カンザスとニュージャージーの工場で2006年12月3日から2007年3月6日にかけて製造された、"Cuts and Gravy"スタイルのウェットフードがリコールの対象となり、6000万個が回収されたということです。リコールの対象になったブランドは、ドッグフード53ブランド、キャットフード42ブランド、計95ブランドで、IAMSやEukanuba、Science Dietなどの有名ブランドや、大手スーパーのストアブランドが含まれています。原材料のうち、中国産の小麦グルテンが汚染されていたことがわかり、さらにフードから殺鼠剤として使われるアミノプテリンが検出されました。アメリカでは殺鼠剤としては認可されていず、使われていませんが、臨床では抗癌剤として使われていたこともあるらしいです。フードから有毒成分として最初に同定されたのがこのアミノプテリンで、まだこれから他の成分が追加される可能性もあるし、どうやって混入したのかはまだわかっていないそうです。

うちはPETSMARTで局長のごはんを買うことが多いので、まずPETSMARTのリコール製品リストをプリントして、うちにある缶詰・パウチを総点検、さらに各社のサイトをチェックしました。幸いなことに、うちにある局長のごはんはすべてセーフでした。

局長はずっと便秘持ちなので、お医者さんの指示もあり、ごはんはウェット中心です。繊維の入った"Loaf"タイプが中心ですが、"Cuts and Gravy"タイプも好きで何種類か買っています。そのうち、N社の製品で局長が大好きなグルメ缶シリーズがあるのですが、同じシリーズのパウチは全てアウト、缶はカナダの工場で作られているのでセーフでした。私がパウチを買わず、缶のほうを買ったのは、缶のほうが種類が多くて局長が特に好きな種類が缶だから、行ったお店にパウチは置いてなかった、というだけで、本当に1歩間違えていたら局長に毒を食べさせてしまっていたかもしれないのです。

腎不全の初期症状としては、
- 水分摂取量の増加
- 尿量の増加、または減少
- 食欲低下
- 嘔吐
- 無気力・倦怠感
があるそうです。局長は最近ちょっとおとなしいような気もするのですが、元気に遊ぶし食欲もあるし、慌てて食べ過ぎてたまに吐いたりもするけど、おしっこはちゃんと出ているし、とにかくリコール対象製品は食べていないことを確認したので、一安心です。

現時点で、ペットフードが原因で死んだと確認されているのは16匹(うち15匹が猫)だそうですが、認定されなかったケースも相当あるだろうし、これからもまだ増えてその数は1000を下らないだろうとも言われています。愛するペットを亡くした人の気持ちを考えると、本当に何と言っていいのかわかりません。そして局長だって汚染されたフードを食べていた可能性はすぐそこにあったのです。これを機に、ペットフードの安全性、品質検査・管理が向上することを願うばかりです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Mar 22, 2007

Results Show

032101
昨日の歌唱指導のおっさん、Peter Nooneの歌"There's a Kind of Hush"、この曲知ってるけど、この人が歌ってたのかぁー。星は2つです。

032102
FordのCMは、コインランドリー編。

032103
今日はコスプレなしで普通ね、と思ったらメリンダさんが!

032104
さて結果発表に入ると、コンテスタントの中にBrad Garrettが紛れ込んでいた。"Everybody Loves Raymond"、"'Til Death"の人ですね。

032105
最初に呼ばれた3人、Phil、Melinda、Blakeがまず通過。

032106
次のChris S、LaKisha、Jordinの重量級グループも通し。

032107
そして次に呼ばれた3人、Sanjaya、Haley、Gina、これは危ない、ボトム3か?と誰もが思っただろうけど、通過!

今日のボトム2(ボトム3じゃないのはなぜ?)はStephanieとChris R。Stephは昨日はダメだったけど、そんなに下手じゃないし、Chris Rは昨日はかなり良かったと思うのに。得票は別物ですね。

032108
最下位発表の前にLuluの歌。"To Sir, with Love"って曲も知らないし、ひどい歌・・・星1つ。最後の音も大ハズし。みんなが、「私のほうがうまいわ」という顔で見ていたような。どうでもいいけど、顔にかなり注入してますね。

032109
結果はChris Rが残留で、Stephがサヨウナラ。今週も歌カット。コメントもなし。そういえばグループ・ソングもなかった!あんなLuluの歌を放送するくらいなら、ちゃんと最後の歌を放送してほしい。

これでコンサート・ツアーのメンツが決まったわけで・・・Sanjaya来るのね・・・。会場にすっごいインド系の人が来るかも?

| | Comments (4)

Bucky on Regis & Kelly

0321bucky1
バッキーのCDは4月17日発売なのだけど、今週のRegis & KellyはAI特集みたいで、明日はシーズン2のJosh Gracinが来るとか(シーズン2見てないから知らない・・・)。

0321bucky2
きゃー!バッキー、久しぶり!曲は"A Different World"、やっぱりカントリーで行くのね。

0321bucky3
歌は・・・星2つかなぁ。自分の曲なんだから、もっとがんばらないと!

0321bucky4
バッキーったら、あいかわらず何しゃべってるのかわかんないわ・・・というのを期待してたのに、トークはほとんど無し!

0321bucky5
そのかわり、なぜか歌は昨日のエリオットよりもちょいと長めでした。

| | Comments (0)

Mar 21, 2007

Top 11

今日のテーマは"British Invasion"ということで、60年代のイギリスの曲。指導はLuLuとPeter Nooneって、どっちも私知らないや・・・。

01. Haley
"Tell Him"

032001hal
★★★
今日の衣装もかわいい。両面テープがはがれないかちょっとハラハラしたり。

0320_nigel
客席にいた女の子が、うれし泣き・・・。そしてその後ろにいるのは、"So You Think You Can Dance"の審査員のおっちゃん。この人、先シーズンも何度か見に来てたような気がするんだけど、よっぽどAI好きなのか、ただヒマだから来てるのか?と思ったら、この人Nigel Lythgoeは19 Entertainment(イギリスの本家Pop Idolとか、AI、So You Think...などの制作会社)の偉い人でプロデューサーでもあるらしい。でもいつも客席で見るってことは、好きなんでしょ!

02. Chris R
"Don't Let The Sun Catch You Cryin'"

032002chr
★★★★
星3つだとは思ったが、ちょっと甘くつけてみました。先週のあのメタメタになったところも見ていて面白かったんだけど。今日は良かったです。

03. Stephanie
"You Don't Have To Say You Love Me"

032003ste
★★★
やばい、地味かも。

04. Blake
"Time of the Season"

032004bla
★★★
良かったけど、個人的にはちょっとネットリしすぎかと。

05. LaKisha
"Diamonds are Forever"

032005lak
★★★★
百万ドルのダイヤモンドをつけたLaKisha、ドレスも良い。そして今日もうまい。しかしなぁ・・・師曰く、「感動がない」、そのとおり。

06. Phil
"Tabacco Road"

032006phil
★★★
今日も普段着かよ!小指立ってました。

07. Jordin
"I Who Have Nothing"

032007jor
★★★★
音もはずしてないし、迫力あるけど、あんまり好きじゃない・・・。

08. Sanjaya
"You Really Got Me"
032008san
★★★ (師匠:★★★★)
がんばった!でももう無理すんな!最後のあがきという気もするが。

0320_ash1
客席の女の子(名前はアシュリー)がずーっと泣いてましたね。ヤラセじゃないよね?

0320_fam
あと、応援に来てた母と姉の胸の谷間が気になった・・・。

09. Gina
"Paint It Black"

032009gin
★★
残念ながら、選曲ミスだと思われます。

10. Chris S
"She's Not There"

032010chs
★★★ (師匠:★★★★)
ちょっとやせた?気のせいだな・・・。

11. Melinda
"As Long as He Needs Me"

032011mel1
★★★★ (師匠:★★★)
髪切ったら表情が今まで以上に際立ってしまって、良いのか悪いのか。

032011mel2
サイモンが「キミは見かけどおりのいい人なの?」と尋ねていた。みんなが思ってることを・・・。

0320_ash2
アシュリーちゃんがまた泣いてた。

予想。ボトム3は、Steph、Sanjaya、Ginaで、歌が一番ダメだったのはGinaだけど、得票としてはわからんな・・・。Sanjayaは残るのか?

0320_ash3
ずっと泣き通しだったアシュリーちゃん、最後はステージにまで上げてもらっちゃって。よく見えなかったけど、そのTシャツはアイドルの写真を自分でプリントしたのか?相当なAIファンだな・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Elliott on Regis & Kelly

先シーズンの3位、エリオット・ヤミンが、CD本日発売ということで歌いに来てました。

Elliott1
まぁまぁ、髪がもじゃもじゃになっちゃって!歯も完全にキレイになっちゃって!

Elliott2
この"Wait For You"という曲、酷似してる曲があるような気がするんだけど、思い出せない・・・。

Elliott3
しかし久々に聴くエリオット、いいですね。一瞬歌詞を忘れたというか、つまっちゃったけど。声がちょっと前よりつぶれている気がしたけど、気のせいか。CD買おうかなぁー?

Elliott4
ところで、どうしてRegisおじさんがいないんだろうー、と思って調べたら、心臓バイパス手術のために休んでいるとか。Howie(Deal or No Dealの司会者)が代打。ちょっとWikiを見たら、昔の髪がフサフサのHowieの写真が!今の頭しか知らなかったので、かなり不思議な感じです。

それよりも、本当に明日のゲストはバッキーなのか、そして彼がちゃんと歌えるのかドキドキです・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Mar 20, 2007

2006年12月の読書

とりあえず去年のぶんを終わらせる。

山田詠美 「風味絶佳」
 山田詠美はあまり読んだことがないのだけど、これは良かった。

阿川佐和子 「おいしいおしゃべり」

村上春樹 「やがて哀しき外国語」

鴻上尚史 「ドン・キホーテのキッス」

さそうあきら 「神童」 全4巻

岩館真理子 「アマリリス」 全5巻
 会社を辞めて花屋になった桃田さんと、元同僚の赤井さんが、お互い思い思われながらもすれ違い続ける様子を、周りを取り巻く大勢とからめてコミカルに描いたマンガ。ふたりとも素直じゃなくて、延々とすれ違い劇が繰り返されるので、いつになったら結ばれるのかちょっとヤキモキさせられるのだけど、そこは岩館さんのキレイな絵とコミカルなタッチで、ほのぼの楽しい。
 これを借りたお友達に、自分の女子力のなさについて話したら、「やっぱり女子は花よ、花!」と力説されました。花、買ってみるか・・・?(現時点では全く買ってません。でもそのお友達と行ったケーキ屋さんで見た、紫のチューリップはかわいかったなぁ、と何かにつけて思い出したりはする)

堀井憲一郎 「若者殺しの時代」
 我々にとって80年代というのはもちろん特別な意味を持つけど、上の年代の人たちにとっても不思議な時代だったのだなぁー。

伊藤理佐 「おいピータン!」 1、2巻
 大森さん、いいですね。「ミックスリサ」と収録作品がかぶっているのでちょっとがっかり。

清水玲子 「秘密」 全2巻
 死んだ人の記憶がMRIを使って鮮明な画像で見られるというのは、未来の話にしてもちょっと無理だと思う・・・。

さいとう・たかを 「ゴルゴ13」 140、141、142巻
 140巻の「パンドラの柩」は、ちょっと荒唐無稽だよねー、と師匠と笑いました。

一条ゆかり 「デザイナー」 前編・後編
 今読むと、登場人物の年齢設定がすごく低いことに驚くのだけど、それを除けば王道ストーリーで読ませる。逆に、今から30年前にこれを書いたのだから、やっぱり一条ゆかりはすごい。

吉村昭 「お医者さん・患者さん」
 著者が若い頃に結核にかかり、受けた胸郭形成手術の詳しい話や、以後作家になってから小説の題材にした心臓移植や種痘の取材にもとづく話、いろんなお医者さんの話がつまったエッセイ。

林真理子 「美女は何でも知っている」
 美女入門シリーズの第6弾。あいかわらずおもしろいです。

杉浦日向子 「百日紅」 上・下
 お友達にお借りした本。じつは杉浦日向子のマンガをちゃんと読むのは初めてでした。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2006年11月の読書

「このブログを読んでいる人で、私の読書記録が止まっていることに気づいている人はいるのだろうか?」と師匠に問うたら、「あっ、オレも忘れてた。食べ物ブログかと思ってた」と言われました・・・。リストはちゃんとつけていたのに、アップするタイミングがつかめなかっただけなのです。ま、所詮は私の備忘録なので、気にしないでください・・・。

吉村昭 「冷たい夏、熱い夏」
 さすがに氏の代表作品と言われるだけあって、読みごたえがありました。

羽海野チカ 「ハチミツとクローバー」 全10巻
 師匠が大人買いしたハチクロ。私もハマりました。もう何度も読み返してしまいました。

梨木香歩 「家守綺譚」
 梨木さんの本は、独特の世界観があって、最初は淡々とした退屈な話に思えても、するすると読まされてしまう。

宮部みゆき 「名もなき毒」
 「誰か」の逆玉素人探偵・杉村三郎再び。青酸カリ無差別殺人、平気で嘘をつく人、シックハウス症候群、土壌汚染、いじめなど、社会に渦巻く「名もなき毒」がこれでもかというくらい詰まっている。特に、平気で嘘をつき、肉親までも落としいれようとする原田いずみはスゴイ。自分を庇護するあまり、とんでもない嘘を真実と思い込み自分を正当化して、それに合わせてくれない他人を徹底的に攻撃するのだ。
 前作「誰か」で私が非常に気になった、杉村三郎の女性観察眼は今回は控えめだったけど、「くちびるに塗ったリップグロスが、窓越しの陽を受けてうっすら光る」、「今日はリップグロスもつけていない。くちびるが荒れている」という箇所がやっぱり気になる。男の人って、そんなに化粧の状態とか気にしてるんですかねぇ・・・?だとしたらちょっと怖いなぁ。
 話としては、「誰か」よりも断然ぐいぐい読まされた。しかし杉村三郎の言動が読者の共感を呼ぶとは思えないし、その妻の妾腹とはいえ財閥の令嬢で、ちょっと浮世離れした鷹揚な感じとか、読者の反感も買うようにわざと描かれているのだとは思うが、小説の語り部としてはどうなのか?また続編はあるのだろうか・・・。

酒井順子 「負け犬の遠吠え」
 やっと文庫になったので、買おうかな・・・と思っていたら、お友達にハードカバーを貸していただきました。
 昔、阿川佐和子や林真理子(結婚前)、そして酒井順子(まだ若い頃)のエッセイが好きでよく読んでいて、非常に身につまされるというか、共感が持てるというか、私もこんなふうに生きていくのか・・・なんて思ってたわけです。なんとか結婚できたものの、かなりの負け犬体質だと自分では思っているのだが・・・おもしろかった。

三浦綾子 「残像」
 札幌のテレビ局に勤める弘子の家族、恋人、友人、隣人・・・。 
 冷酷で、自分の子供を妊娠した恋人を捨て、その恋人が自殺しても心を痛めず、肉親への愛情も欠落していて、父親を騙して強請りを企む長兄。次兄はおだやかで優しいが、他人とは距離をおき、鋭いところもある。中学校の校長である父は、世間体ばかり気にしている。そして家事は完璧にこなし、合理的ではあるがどこか感情の欠落したような母。長兄の人でなし加減は、「名もなき毒」の原田いずみに通じるものがあるが、あちらが異常な嘘つきで、精神的に異常なのに対して、こちらは徹底的に悪。結末も怖い・・・。

リリー・フランキー 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
 本屋大賞受賞はいかがなものかと思いますが、これで泣かないわけにはいかないでしょう。全然別物だとは思っても、上の「冷たい夏、熱い夏」の後に読んだので、題材として共通する「肉親の死に向きあう自分」の描きかたをどうしても比べてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 15, 2007

Results Show

031407_1
シーズン5(去年)のリサちゃんが来てました。"Lisa"ってテロップ出なかったけど、リサだよね?あっ、となりはパリスか?

ダイアナ・ロスに時間とられちゃうかと心配したけど、グループ・ソングがちゃんとあって良かった。

031407_2
そして忘れてたけど、もうひとつのお楽しみのFordのコマーシャル。

さて、ボトム3の発表、まず1人目はBrandon、そして次はちょっと意外、Phil。

031407_3
もうひとりの前に、ダイアナ・ロス登場。

歌は正直、★★ってところでした・・・。

031407_4
歌い終わって、ライアンの「さて、誰が今夜うちに帰ることになるんでしょうね?」という問いに対して「私?」と答えたダイアナ、笑いをとったがシャレになってないくらいダメだったんだけど・・・。

031407_5
ボトム3の3人目はSanjayaでした。しかしPhilの格好は、すごい普段着っぽいな。かれの弱点はやっぱり見た目で、目がギョロッとしてて耳とんがっててハゲなので、いっそのこと毎週違うヅラをつけるとかしてしまえばいいのに、と無責任なことを考えた。

031407_6
そして最下位は・・・Brandon。順当ですな。私の予想も当たったし。でもでも、今日は時間が押していたのか、落ちた後のインタビューも、そして最後の歌も放送ではカット。かわいそうすぎる・・・!

来週はTop11だから、Top10でやるコンサート・ツアーの出場権がかかっているわけで、ある意味今週よりも厳しい戦いです。今年も見に行くつもりの私としては、Sanjayaは見なくてもいいかな・・・という気がしますが。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Mar 14, 2007

Top 12

いよいよ今日から本選。今日はダイアナ・ロスの指導で、というか大したことは言ってない気がするけど、ツアーの宣伝ってことなんでしょう。今年もいろいろビッグなゲストが来るみたいだけど、Results Showでのグループ・ソングは毎回ちゃんとやってほしいなぁ、と思うわけで。

01. Brandon
"You Can't Hurry Love"

0313bra
★★ (師匠:★★★) 歌いだしから弱い。音量間違ったのかと思った。しかも歌詞忘れるし・・・。

02. Melinda
"Home"

0313mel
★★★★ (師匠:★★★) 今日もいい顔してますね。2番手ということで、もしかして今日の歌はあんまり良くないのかと思ったが、そんなことはなかった。

0313pau
ポーラ泣く、メリンダも泣く、サイモンほめる、良いすべり出しですね。

03. Chris S
"Endless Love"

0313chrs
★★★ (師匠:★★★★) メガネをとったからって、この人の場合はどうということもなく、鈴木ヒロミツから鶴瓶師匠(若い頃)になっただけ。元の曲を思い出せないのだけど、アレンジ(Coldplay風?)がダメだったということなんですか。

04. Gina
"Love Child"

0313gin
★★ (師匠:★★★) キーが高かったのかも。サイモンの言うように、曲調はこの人に合ってた。

05. Sanjaya
"Ain't No Mountain High Enough"

0313san
★★ (師匠:★★★) 頭がダイアナ・ロス仕様?あんまりいじらないほうがいいと思うんだけど。いい曲をもらったのに、歌はいつもどおり弱い。もうちょっとハリのある大きな声は出ないのか。もったり。全編ソフトな曲しか彼には無理なのかも。

06. Haley
"Missing You"

0313hal
★★ (師匠:★★★) 弱い。音程も不安定。歌詞も忘れるし、歌はボロボロだったのに、サイモンに「言うほど悪くなかった」と言われ泣き崩れる。

0313sim
しかも「ヘイリー、もう名前おぼえたよ(先週、名前がおぼえられないとか言ったから)」とか、「存在感が出てきた」、「もっとできるはず」と言われて、うれし泣き。結局かなり前向きなコメントをもらって、なんだったんだ・・・?

0313hal2
今日のドレスはかわいかった。

07. Phil
"I'm Gonna Make You Love Me"

0313phi
★★★ 出来は普通。でもこの人は歌いだしが悪くても、後半で盛り返すことができるので、結果的には良い印象を残せる。

08. LaKisha
"God Bless The Child"

0313lak
★★★★ (師匠:★★★★★) 今日から、"KiKi"って呼ぶのか・・・。それはともかく、今までと違って抑えがきいていて良かった。死亡者も今日は少なかったのでは(会場でこの人の迫力にやられて毎週何人か死んでると思う)。今日はメリンダより良かった。

09. Blake
"Keep Me Hangin' On"

0313bla
★★★ (師匠:★★) ランディの言うように、クラシックな曲は余計なアレンジをしないほうがいいのかも。どうも違和感が残る。

10. Stephanie
"Love Hangover"

0313ste
★★★ (師匠:★★) 歌は悪くないのに、盛り上がりに欠けるなーと思ったら、アップテンポになるところが削られてたの?選曲ミスってことになるんでしょうか。声も良いし、うまいと思うのでがんばってほしい。

11. Chris R
"The Boss"

0313chr
★ イントロがなんか変な音だったような?クリスの動きもぎこちなく、歌もガタガタ。どうしたー?でもこの人の声や歌いまわしは良い。ちょっと好きになりかけてるかも。ダメなところを見せられると弱いのか?>私。

12. Jordin
"If We Hold On Together"

0313jor
★★★ そんなにほめるほど良かった?

予想。ボトム3は、Brandon、Sanjaya、もうひとりはわかんないけどHaleyか、もしかしてStephanieあたりか。Brandonがサヨウナラになるのではないでしょうか。
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Mar 13, 2007

いちご大福

cogicogiluckyさんがいちご大福を作ってくれたのです。あんこも手作りという、素晴らしくおいしいシロモノ。

ちょっと前に、Koharuさんの抹茶ババロア(こちらもおいしかった~)を食べて以来、あずき・あんこ関係に妙にとりつかれていた私には、至福のおやつでした。やわらかくて、甘さもひかえめ、とってもおいしかったです。

031207_1
おみやげにまでいただいたので、記念撮影。

そういえば、昔々、私もいちご大福を作ったことがあったのです。たしか「きょうの料理」のテキストに載っていて、レシピどおりに、皮は切り餅から、あんこはもちろん市販のものを使いました。テキストでは、いちご、キウイ、バナナの3種類を使っていたので、私もそのとおりにやったのですが、「いちごとキウイはおいしい、でもバナナは・・・マズイ」と、食べた人たちから激しく不評をかったのでした。そんな思い出も、もう15年も前の出来事なのかと、ちょっと数えてみて愕然としたのですが、それはともかく、あんこには酸味のあるくだものがよろしいようで。

また誰か和風のデザートを作ってくれないかなぁー、なんてつぶやいてみたりして。

031207_2
局長も大福のように丸まってます。大福というより、アンモナイトだな・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Mar 09, 2007

Results Show

今日残れば、ファイナル進出です。

030807_1
まずはLakishaとBlake、余裕で通し。

030807_2
続いてChris S。

030807_3
Jordinも通し。

030807_4
次はPhil。

030807_5
ここでJaredが落選。わりと好きだったんだけど。他に落ちる人いるでしょ?

030807_6
MelindaとBrandon。Melindaは楽勝でも、Brandonは危ない、と思ったら2人とも通過。

030807_7
GinaとChris R。Ginaの腕が・・・Chris Rに痩せる秘訣を教わったらどうか。2人とも通し。

030807_8
ゲストのCarrie Underwood。なんだか落ちた人が歌ってるみたい・・・。まつ毛がタランチュラ。

030807_9
次に呼ばれたAntonellaとStephanie。Stephはこいつと並びたくないと思っていたのでは。Antonellaが落ちて、Stephは通過。

030807_10
ああ、ものすごい下手。このコには、違う方面でいろいろ仕事が来るんでしょうね。

030807_11
次のHaleyとSabrina、誰もがHaleyが落ちると思ったのではないでしょうか。Sabrinaさんの顔に異変が・・・。

030807_12
緊張のあまり、変な顔に。

030807_13
落ちた瞬間も顔が戻らず。

030807_14
Haleyの、「そんな顔になっちゃって・・・かわいそう」という表情。しかしSabrinaは良いと思っていたのに、ショックです。

030807_15
男子の最後は、SanjayaかSundanceか。

030807_16
Sanjayaが残って、席に着くとき、なんとなくみんなが冷たかったような・・・?ハグしてあげなよ!

030807_17
「ホントにボクでいいんですか?」という顔。どうでもいいけど、サワー沢口のようなシャツを着ている。

私の希望としては、SabrinaとJaredには残ってほしかった。今後の見どころは、とりあえずSanjayaがどこまで残るか。去年のKevin的な位置なのか、全米インド系の投票でシーズン3のJasmine的な残り方をするかも?

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Mar 08, 2007

Top 8 Girls

師匠と私の点数が同じときは省略します。

01. Jordin Sparks
"Heartbreaker" (Pat Benetar)

0307jor
★★ (師匠:★★★★)
もうちょっと良くなるかと思ったのに。

02. Sabrina Sloan
"Don't Let Go" (En Vogue)

0307sab
★★★
この人にも期待してるんだけど。

03. Antonella Barba
"Put Your Record On" (Corinne Bailey Rae)

0307ant

ボロボロなのに、なぜかエンディングの音だけ合ってた。

04. Haley Scarnato
"If My Heart Had Wings" (Faith Hill)

0307hal
★★★
いつも歌はそんなに悪くない(良くもないが)のに、なんか華がないというか。私もサイモンと同じく、この人の名前を憶えられない。

05. Stephanie Edwards
"Sweet Thing" (Chaka Kahn)

0307ste
★★★
ふつう。

06. LaKisha Jones
"I Have Nothing" (Whitney Houston)

0307lak
★★★ (師匠:★★★★)
この曲、毎年誰かが歌うよね。

07. Gina Glocksen
"Call Me When You're Sober" (Evanescence)

0307gin
★★
選曲はよかった。この人に合ってるし。でも音が・・・。

08. Melinda Doolittle
"I'm A Woman" (Peggy Lee)

0307mel
★★★★
今週も上手い。でもちょっともの足りなくなってきたような・・・。

今日はサイモンの機嫌が良かったのか、いつもより優しかったです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 07, 2007

AIブログ始めました。

先シーズンは、ここでアメリカン・アイドルについて好き勝手書いていたのだけど、今年は別の場所でやってみようかと。だからと言って、すんごい気合入れてやるとかじゃなくて、ただなんとなく、分けてみようと思っただけなのです。とりあえず、先週、先々週と水曜日にコンサートに行って見るのが遅れたし。写真はその日にアップするのはちょっとつらいので、週末にでもぼちぼち上げていこうかと思っています。

http://kyokucho.cocolog-nifty.com/ai/

また先シーズンみたいにあれこれコメントくださるとうれしいです。
よろしくお願いします~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Top 8 Boys

師匠が、「俺の採点も入れろ」と言うので、そうします。私とあんまり変わらないんだけど。

01. Blake Lewis
"All Mixed Up" (311)

0306bla
★★★ (師匠:★★★)
毎回ビート・ボックスやらなくてもいいのに。

02. Sanjaya Malakar
"Waiting for the World to Change" (John Mayer)

0306san
★★ (師匠:★★)
髪がストレートに・・・すごい時間かかったんだろうなぁ。もとのクルクルなほうがかわいいのに。

03. Sundance Head
"Jeremy" (Pearl Jam)

0306sun
★★ (師匠:★)
先週は良かったのにねぇ・・・。

04. Chris Richardson
"Tonight I Wanna Cry" (Keith Urban)

0306chrr
★★ (師匠:★★)
歌はダメだったけど、40パウンドやせてホントに良かった。

05. Jared Cotter
"If You Really Love Me" (Stevie Wonder)

0306jar
★★★ (師匠:★★)
スティーヴィーの曲は、絶対ランディからケチがつくと思ったら、そうでもなかった。後半は良かったと思う。

06. Brandon Rogers
"I Just Want to Celebrate" (Rare Earth)

0306bra
★★★ (師匠:★★★)
最初は良かった。最後はもっと決めてほしかった。

07. Phil Stacey
"I Need Rain" (LeAnn Rimes)

0306phi
★★ (師匠:★★★)
帽子が変。

08. Chris Sligh
"Wanna Be Loved" (DC Talk)

0306chrs
★★★★ (師匠:★★★★)
天然パーマなのか気になっていたので、解明されてよかった(地毛でパーマはかけたことがないと言っていた)。この人に関する師匠と私の大胆な予測。来週のファイナル・ラウンドから、激やせしながら勝ち進む!下のほうに、現在の体重とか数値が出たりして(それじゃ他の番組だよ)。そのために、今はわざと太っているのです。

今週残ればファイナル・ラウンドということで、プレッシャーが大きかったのか、今日はダメでしたね。女子に期待。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 04, 2007

Ghost Rider

030307_1
映画Ghost Riderを見てきた。

普段、私は非現実的な話は好きじゃないので、宇宙モノだとか、SFXを多用した映画は見ないのだ。それでこのGhost Riderをなぜ見に行ったかというと、一言で言えば、ニコラス・ケイジへの愛である。あと、これだけ荒唐無稽そうな話なら、逆に許せるというのもある。原作はアメコミだし。

とりあえず、予告で見た前髪のあるニックに萌えた。この萌えは、私の愛する俳優、杉浦直樹が時代劇でちょんまげを結うと、若々しく見えてトキめくというのに似ている。誰にもわかってもらえないかもしれないが。

それはともかく、映画の話。

030307_2
主人公ジョニー・ブレイズの若い頃。かわいいじゃないですか。

030307_3
それが成長して、どうしてこんな馬面になるのか・・・。

030307_4
ジョニーの恋人役、ロクサーヌはエヴァ・メンデスなのだけど、こちらは若い頃を演じる女優さんもエヴァに似ていて違和感がないのだが。若いふたり(Matt Long & Raquel Alessi)から、成長したふたり(Nic Cage & Eva Mendes)への移行がどう考えても不自然、というか不自然なのはジョニーのほうだけなんだけど、それは私のニックへの愛でなんとでもなるのである。

030307_5
ジョニーがお父さんを助けるために悪魔メフィストフェレス(ピーター・フォンダ)と契約してしまって、そのために夜になるとゴーストライダーになって働くというお話。

030307_6
これがゴーストライダーです。燃えてます。強いです。

030307_7
メフィストフェレスの息子、ブラックハートとその取り巻きのみなさん。

030307_8
教会・墓地の管理人のおっちゃん(サム・エリオット)、すごい南部なまりで、セリフがほとんど聞き取れなかった・・・。

見終わって、師匠の感想は「いやー、ひどい映画だったね」というように、映画としての評価は散々なのだろうと思う。しかし何度も言うように、私はニックへの偏愛があるために、わりと楽しく見ました。あと、おっさん陣(ピーター・フォンダ、サム・エリオット、ジョニーの父ちゃん役ですぐ死んでしまうブレット・カレン)が渋くて良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 03, 2007

38th NAACP Image Awards

NAACP Image Awardsでは、一昨年はプリンス(Vanguard Award)、去年はサンタナ先生(Hall of Fame)が長めのパフォーマンスをやったので、今年も楽しみにしていたのだが、今年はU2のボノらしい(Chairman's Award)。ということはU2でやるのか、それともボノ単独で何かやるのか、まあどっちにしろあんまり興味はないのだけど。

030207_1
司会のL.L. Cool J太郎です。

030207_2
助演女優賞はここでもやっぱりジェニファー・ハドソン。もう余裕ですな。

030207_3
プレゼンターにもいろんな人が出てきて楽しいのだけど、なぜモニークとナオミ・キャンベルを並べるのか・・・。

030207_4
最優秀男性アーティストはプリンスが取りました!珍しく2分弱のスピーチが聴けて、観客の拍手も一際大きかったです。
030207_5
よく見ると、衣装は"3121"なのだ。

030207_6
最優秀女性アーティストはメアリー・J・ブライジ。

さて、メインのパフォーマンスはどうなるのか。ボノが最初ひとりで何かやって、その後、"One"でメアリー・Jが乱入、という予想を立てていたのだけど、結局ボノは何もせず。やっぱりU2でないとやらないんですね。

030207_7
トリビュートということでThe Rootsが、"Pride (In the Name of Love)"を演奏してから、ボノのスピーチでした。

030207_8

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 02, 2007

Eric Clapton

エリック・クラプトンのコンサートに行ってきた。

7時半スタートということで、いつものようにちょっと遅れて7時50分頃着いたら、なんだか今日はいつもより駐車場も混んでいる。しかも会場入口から長い人の列ができている。後で知ったのだが、6時過ぎに火災報知器が鳴って、7時45分まで入場できなかったとか。とにかく列の後ろに並んで、客層をチェックすると、圧倒的に大人が多い。平均年齢は40-50代か。連れもなくひとりで来ているおっさんも目立つ。先週の同会場でやったクリスティーナと対照的。

会場に入り、さっそくTシャツを買っていると、前座のRobert Cray Bandが始まった様子。

022807_1
本日の1枚目。

022807_2
2枚目は背中に日程の入ったものを。

中に入ると、いつもは空いている最上部の席までびっしり埋まっていて、クラプトンの人気に驚く。今回のワールドツアーでは、日本だけでも18回公演していて(まあ日本は特別なんでしょうけど)、荒稼ぎにも程があると思っていたのだけど、ダラスでこんなに人が集まるのなら、どこに行ってもソールド・アウトなんでしょうな。

Robert Cray Bandはなかなか良くて、普段ブルースとか聴かない私でも、こういうのを小さなライブハウスで飲みながら聴いてみたいと思った。

クラプトンのステージは、"Tell The Truth"から。

このAmerican Airlines Centerは、ダウンタウンの近くで行きやすい場所にあるのだけど、難点は、音が良くない。今までに音が良いと感じたのはローリング・ストーンズのときだけ。その後見たエアロスミス、マライア・キャリー、ディキシー・チックスとことごとく音の悪さに辟易したが、ただ先週のクリスティーナ・アギレラは、音はいつものようにイマイチだったものの、それを補うにあり余る彼女の歌の素晴らしさに、音の悪さはほとんど気にならなかった!そんな感じで、この会場の音にはもうあまり期待していなかったのだけど、そこはクラプトン、もしかしたら・・・とちょっとだけ期待したわけですよ。そうしたら、どうです、1曲目の音!ダメダメでした!楽器の音も良くないし、ボーカルのバランスも悪い。音割れちゃってます・・・。2曲目、"Key to the Highway"もダメで、3曲目"Got To Get Better In A Little While"あたりから、多少改善されてきたような。4曲目は"Little Wing"で、うっとり。でも歌の入りが全然合ってなくて、ガックリ。ショボすぎる・・・。5曲目は"Anyday"。Derek Trucksのスライドギターがうねります。カッコいいです!

ジャパン・ツアー、極東ツアー、オーストラリア・ツアーのセットリストをじゅうぶんに研究し、師匠のお友達でジャパン・ツアーを武道館で見たriwasaki氏のコメントも参考に、アルバム"Layla and Other Assorted Love Songs"の聴きこみに余念がなかった私には、ここまでの前半が音の悪さを差し引いてもすごく良かったのだけど、多くの観客にとってはそうでもなかったらしく、立っている人はほとんどいないし、席を立ち、トイレまたはビール調達に行く人がわらわらと。

ここからは座っての演奏になり、まずクラプトンひとりでの"Driftin' Blues"、バンドが加わっての"Outside Woman Blues"、"Nobody Knows You When You're Down And Out"、"Running On Faith"と続き、前半がなかったかのように、客が盛り上がる。

座ってのセットが終わり、"Motherless Children"、"Little Queen Of Spades"とギターソロ合戦、キーボードも負けられませんよ、みたいなのが続き、次の"Further On Up The Road"で客は休憩モード。"Wonderful Tonight"で小盛り上がりの後、ついに"Layla"が始まると、客が爆発。そこまで盛り上がられると、こっちとしてはちょっと引いてしまう。そりゃ名曲だし、私も楽しみにしていたけど・・・客がうるさくて、聴こえないんだもの!

アンコールは"Cocaine"と"Crossroads"。"Crossroads"ではRobert Crayが歌ったのだけど、さっきまでの音の悪さは何だったの?と思ってしまった・・・。声の質感の違いなんでしょうか。歌といえば、ギターのDoyle Bramhall IIはがんばってたと思うけど、歌うときに自分の耳を押さえるのはプロとしてちょっとカッコ悪いのでは?モニターの音が聴こえづらかったってことなんだろうけど、どうなんだ。

我々のまわりには、終盤でバカ騒ぎする客が多くて、耐え切れず"Crossroads"の途中で帰ったのだけど、観客の中には、ひとりで来ていて静かに聴いているけど、足は確実にリズムをとっている、という真の音楽好きと思われるおっちゃんも少なからずいて、そういう大人に私はなりたい・・・と思ったのでした。

Eric Clapton
American Airlines Center, Dallas, TX
2/28/07

Tell The Truth
Key To The Highway
Got To Get Better In A Little While
Little Wing
Anyday

Driftin' Blues
Outside Woman Blues
Nobody Knows You When You're Down And Out
Running On Faith

Motherless Children
Little Queen Of Spades
Further On Up The Road
Wonderful Tonight
Layla

Cocaine
Crossroads

022807_3
写真はStar-Telegram.comから拝借しました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Results Show

男子1人目の脱落者は、Nick。今週悪くなかっただけに、地味さが命取りとなったか。

030107_1
女子の1人目はAlaina。もうちょっと残って、やきもきさせられるかと思ったら、あっさり脱落。

030107_2
もう一度、下手な歌を聞かせられるかと思ったら、なんと彼女は泣いて歌えなくなってしまい、女子を呼んでみんなでハグして歌を放棄するという作戦に出た!スバラシイ!それを見つめる男子の視線も微妙だったが。

先シーズンの(何位だったか忘れたし、どうでもいい)ケリー・ピックラー登場。彼女はなぜか、テイラーやキャサリンよりも先にCDを出したのだけど、まあ当然売れ行きはそこそこで、それよりも去年のコンテスタントではクリス(ハゲ)・ドートリーのCDが売れているわけです。クリスも今後ゲスト出演するのかな。そういえば、落ちた人たちのビデオを流すときのBGMが、ヤツの曲らしい。

030107_3
それよりも、ケリーさん、豊胸した?

030107_4
キャリー・アンダーウッドに続きたい、でも最近クリスティーナ・アギレラもいいなーと思っている、という感じの外見。しかし化粧が失敗し、すごいおばあちゃん顔に。何がしたいのかよくわからん。

030107_5
男子2人目は、A.J.とSanjayaが残り・・・

030107_6
A.J.が落ちました。あのオカマちゃんキャラが好きだったのに・・・残念。決まった瞬間のSanjaya、いい表情でした。

030107_7
女子の2人目は、Antonella、Leslie、Jordinの3人が残り、まずAntonellaが残留決定。

030107_8
その瞬間のMelindaさんのなんとも言えない表情。「あの娘には写真があるものね・・・」と思っているのか。

030107_9
LeslieとJordinのうち、落ちたのはLeslie。

030107_10
その直後、Ginaが号泣。仲が良かったのか、それともうれしいのか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 01, 2007

Top 10 Girls

01. Gina Glocksen
"Alone" (Heart)

01gina
★★ サビのところで音程が・・・。衣装もちょっとねぇ・・・。

02. Alaina Alexander
"Not Ready to Make Nice" (Dixie Chicks)

02alaina
★ この子はやっぱりダメだわ。しかもこの曲は、チックスの思いがこめられているだけに、他の誰も歌ってはいけないと思う。今週こそ落ちるか。かわいいけどね。

03. Lakisha Jones
"Midnight Train to Georgia" (Gladys Knight)

03lakisha
★★★ 足、出さなくても・・・。

04. Melinda Doolittle
"My Funny Valentine"

04meilnda
★★★★ 今週もいい味だしてます。うまい。実力では1位だと思う。票集めを考えても、3位までは残ってほしい。

05. Antonella Barba
"Because You Loved Me" (Celine Dion)

05antonella
★★ セリーヌ・ディオンとか歌っちゃダメですよ。でもこのコには、あの写真があるから、もうちょっと残るのかなぁ。

06. Jordin Sparks
"Reflection" (Christina Aguilera)

06jordin
★★ 歌いだしからちょっと不安定。この子は実力あると思ってたけど、クリスティーナはやっぱり難しかったか。しかしなぜ弟のことを語ってそんなに泣かんでも・・・。一瞬、弟が死んだのかと思った(生きてます。先週来てた)。 

07. Stephanie Edwards
"Dangerously in Love" (Beyonce)

07stephanie
★★★★ うまい。声がビヨンセに似てるから、ランディの言うようにコピーのように思えてしまうので、もうビヨンセの曲はやめたほうがいいですね。

08. Leslie Hunt
"Feeling Good"

08leslie
★★ 昨日、A.J.が歌った曲と同じ。良くない。

09. Haley Scarnato
"Queen of the Night" (Whitney Houston)

09haley
★★ 先週、退屈だって言われたから今週は選曲に気を使ったんでしょう。でもそれでもやっぱりなんとなく漂う地味な感じは消せないようで。

10. Sabrina Sloan
"All the Man That I Need" (Whitney Houston)

10sabrina
★★★ 良かったけど、先週のほうが良かった。でもこの人ならクリスティーナの曲も歌えるんじゃないかと思うので、今後に期待。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »