« まいどおなじみ | Main | 2006年9月の読書 »

Dec 20, 2006

石狩鍋

ドラマの第1話って、ちょっと時間が長めなことがありますよね。そうすると、2時間のビデオテープまたはDVDに2話録画できない。で、第1話の後の余ったところに、違う番組を録画するということになる。

何が言いたいかって、つまり、「のだめカンタービレ」第1話のビデオを借りたら、その後におまけの番組が入っていて、それに思いがけず思い出の場所が出てきたのです。

121906_1
学生のとき、毎年ここで合宿していたのです。

121906_2
石狩鍋。我々が食べさせてもらった石狩鍋にはもちろんイクラなど入っているわけもなく、鮭ではなく鱒だったけど、じゅうぶんおいしかったなぁ。

ああ、懐かしい・・・というより、石狩鍋が食いたい。

|

« まいどおなじみ | Main | 2006年9月の読書 »

Comments

あっ、あいはらだ。
懐かしいねえ。
5月になってもとっても寒いし、決してきれいな場所ではなかったけど、楽しかったですねえ。

Posted by: じょーしん | Dec 21, 2006 at 05:19 AM

じょーしんさん、
忘れてました。すっごく寒かったですよね。風も強くて、離れはすきま風が入ってくるし。当時はオンボロの離れがイヤだったけど、今はただ懐かしい・・・。私が引っ越すときに、わがまま言ってここで追いコンをしてもらったときはうれしかったなぁ。

Posted by: kmy | Dec 21, 2006 at 07:56 AM

 kmyさんの追いコンは盛り上がりましたねえ。久しぶりの「あいはら」だったし、写真とは別物の石狩鍋も相当うまく感じたような気がします。

「あいはら」は基本的に新歓合宿で使ってたわけですが、今思えば、入部していきなりあんなところに連れて行かれるっていうのもひどい話です。おそらくこれに順応できれば、その後に続くフェスでの楽しく厳しい生活にも適応できると我々の先輩たちは思ったのでしょう。実際、そのとおりだったしね。

Posted by: じょーしん | Dec 21, 2006 at 08:39 PM

むむむ、先輩方にそんな深い考えがあったとは、気づきませんでした。確かに1年目の新歓合宿は強烈に印象に残ってます。そういえば、1年目の宝塚もすごかったです。楽しかったけど・・・。

Posted by: kmy | Dec 22, 2006 at 04:12 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141183/13134282

Listed below are links to weblogs that reference 石狩鍋:

« まいどおなじみ | Main | 2006年9月の読書 »