« 2006年6月の読書 | Main | 果たし状 »

Aug 13, 2006

フィーゴの毛

三浦しをんの「人生激場」を読んだ。

週刊新潮に連載されたエッセイなのだが、連載されていたのが前回のワールドカップのときで、サッカーの話が頻繁にでてくる。一番のお気に入りはイングランドのGK(当時)、シーマンらしいが、ポルトガル代表が負けてガッカリした、ということも書かれてある。

「ポルトガルのフィーゴは、試合開始直後に比べると、後半は明らかに頬のあたりのヒゲが濃くなっていた。ヒゲが伸びるぐらい頑張ったというのになあ。あーあ。」

これを検証してみようと思ったのだ。今回の試合でもヒゲが伸びているかを確かめたいと。

やはりここは準決勝、フランスに負けて決勝進出を逃した試合を見るべきだろう。

0812_1
試合前。おや、意外と深剃りですね。ヒゲそり変えた?

0812_2
ジダンのほうがよっぽど長い。ていうか、彼は髪とヒゲの長さが同じだ。

0812_3
子供と手をつないで入場なのに・・・

0812_4
手をつないだまま鼻をかくジダン。

0812_5
国歌斉唱のとき、デコはボーっとしていたが、フランスに具合の悪そうな選手がいた。

0812_6
「吐きそう・・・」

0812_7
前半とばして後半41分。かなり困っているが、ヒゲはそんなに伸びたようには見えない。

そして試合終了。

もうヒゲはどうでもいい。

試合前夜にフィーゴとジダンは電話で話したに違いない。
「明日、試合が終わったらユニフォーム交換しようぜ」
「じゃあ、胸毛剃ってきてね」
「そっちこそ忘れんなよ」

そして試合後。

0812_8
「ちゃんと剃ってきた?」

0812_9
「もちろん。じゃあ、一緒に脱ぐぞ」

0812_10
そしてふたりはつるつるの肌を合わせたのです。

0812_11
「もう離れたくない・・・!」(実際は一瞬でしたが)

ちなみにフィーゴの本来の姿は・・・。

0812_12
しかし・・・剃ったのか、抜いたのか。この毛を永久脱毛したら、時間も費用もすごくかかるだろうな。胸にこれだけあるということは、背中にもありそうだけど、どうだったんだろう?

0812_13
奥さんの趣味だったりして。

妄想がすごく広がって困ったのだが、とてもここには書けない・・・。

|

« 2006年6月の読書 | Main | 果たし状 »

Comments

セクスィ~は話題でございますー(*^~^*)ゝ
フィーゴさまったら、胸やら背中やらお剃りになってるんでございますね。いやぁ・・・剃るんだなぁ。試合中に少しでも涼しいようにでしょうか。でもつるんつるん。きれいに剃れてるなぁ。(感心しちゃう)GQの表紙ではウズ巻いてるのに。
それにしても一番下ってフィーゴ夫婦なんですか??
ありえなーい。きれいすぎー。

Posted by: ラッキー | Aug 15, 2006 at 02:23 AM

ラッキーさん、
今頃になって変な話題ですみません。どうしても気になって・・・。結局剃ったのか抜いたのか、もしかしてGQ(この号の中にもぼうぼうの写真が満載らしいです)のが修正されてるのか、わからずじまいです。

GQの表紙も一番下の写真も、奥様のヘレンさんです。モデルさんだそうで、きれいですよね。ベッカム&ビクトリアよりぜんぜん勝ってると私は思います!

Posted by: kmy | Aug 15, 2006 at 06:59 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141183/11409606

Listed below are links to weblogs that reference フィーゴの毛:

« 2006年6月の読書 | Main | 果たし状 »